前へ
次へ

不動産の賃貸でシェアハウスとシェアルーム

自動車を利用したいときに便利なのがレンタカーですが、最近はシェアカーと呼ばれるサービスが人気になっています。
事前に契約をしておき利用時はネット上から予約をして利用します。
時間単位で利用できるなどレンタカーにはない便利さがあるようです。
物をシェアしながら利用するサービスが広まっていますが、不動産を賃貸するときにもシェアサービスが利用できます。
シェアハウスとシェアルームがあり、似ているようで少し利用方法は異なります。
不動産の賃貸におけるシェアハウスは、一戸建ての住宅や元々寮として使われていた建物などで利用できます。
利用者は専有できる部屋が自由に使え、それ以外はすべて共有スペースになります。
一人当たりの賃料が決まっているので、シェアする人が増えても減っても賃料は同じです。
シェアハウスはアパートやマンションなどを共同利用するサービスです。
シェアする人数によって料金が変わり、多くの人でシェアすればその分一人当たりの料金は減ります。

Page Top