前へ
次へ

不動産の賃貸リスクはどうやって対策するか

賃貸物件の経営者になる場合、さまざまなリスクに備える必要があります。
不動産会社のサポートを受けることもリスクヘッジになりますが、まずは自分が賃貸経営者としてどんなリスクがあるのか、勉強しておかなければならないでしょう。
まず誰もが考えるのが空室リスクですが、当然経営の収入源は賃料ですから、空室は収入がないのと同義です。
空室期間を短くすることが成功のポイントであることは間違いありません。
どんな経営者でもこのことは知っているのに、なぜ長期で空室が出てしまう物件があるのか、それは経営をはじめる前に原因がある場合が大半です。
多くの場合ターゲットが需要に合っていないことが原因で、最初の段階で間取りや設備など設定がミスマッチしていて、それが空室を作る結果となっていることが多いでしょう。
こうしたミスリードを起こさないために必要なのが、事前にたくさんの情報を得ることです。
複数の不動産会社から提案を受け、可能な限り多くのプランを比較すれば、おそらくミスリードは最小限にとどめることができるはずです。
実は建物が新しく設備が充実していても、ターゲットと合わなければ空室率が高くなります。
いらない費用をかけず、周囲の物件状況を調べて差別化を図ることができれば、十分な対策となるでしょう。

Page Top